日本自動車整備産業形成史
日本自動車整備産業形成史

限定販売品残り僅少

三重県伊賀市で自動車販売・整備を手がける小川モータースの小川秀貴会長が、今年3月に関西学院大学大学院から博士号を取得した際の博士論文です。

定価:¥3,240(税込)

日本の基幹産業となった自動車産業を自動車整備の観点から捉え、その発生と発展の歴史を余すことなく伝えてあります。
 自動車産業の歴史についての研究は数多くありますが、そのほとんどは自動車の製造と流通に関するもので占めています。自動車整備に焦点を絞った先行研究はこれまでほとんどなく、この分野での日本初の学術論文といっても過言ではありません。
 自身、整備業に携わる著者の小川氏は「自分の仕事がどのように生まれ、産業として発展してきたかを明らかにしたかった」と語っています。車検制度といった整備や修理事業が、自動車産業発展に相当の貢献度があったことをよく理解できる一冊となっております。

・発行=日刊自動車新聞社

販売価格

3,240円(本体3,000円、税240円)

購入数  

定価   3,240円(本体3,000円、税240円)

型番   nj-1412

クイック購入

この商品を買った人はこんな商品も買ってます
自動車の修理業界向けの専門図書を紹介・販売するネット書店TEBRA(てぶら)へようこそ。