孫たちへおくる21の手紙
孫たちへおくる21の手紙

著者:阿久津明正

A5判143ページ
会社生活や人生経験などを、8人の孫たちに伝える手紙の形で読みやすくまとめています

戦後生まれで団塊世代と呼ばれ、高度経済成長期に社会人となった人たちが今、会社生活を卒業し、老いの仲間入りの齢となった。モーレツ社員といわれ、日本の一時代を築いてきた世代。それぞれ歩んできた道は違っても人生の最終章を歩きはじめた。
夢にまでみた自由な時間は手に入れたが、私たちの太陽は確実に西に向かい、いずれは沈んでいく。
沈みきる前にこれまでの人生を振り返り、未来を担う孫たちへのメッセージとして手紙を綴った。

定価:¥1,512(税込)

・発行=日刊自動車新聞社

※この書籍は絶版になりました。残は当店在庫1冊のみ。プレミアム価格になりました。

販売価格

2,052円(本体1,900円、税152円)

購入数  

定価   1,512円(本体1,400円、税112円)

型番   nj-150731

クイック購入

この商品を買った人はこんな商品も買ってます
自動車の修理業界向けの専門図書を紹介・販売するネット書店TEBRA(てぶら)へようこそ。