大変革期 日本自動車産業は優位性を保てるか

12月3日 発売
上山邦雄著
A5判、全340ページ
「100年に一度」ともいわれる現在の変革期に、これからの自動車産業の将来像を描く上でも、過去の歴史をきちんと整理することは極めて重要なことである(著者)―。1900年代の序盤、悪戦苦闘を経て確立した日本自動車産業がその後、成長してきた背景には常に海外戦略が存在します。日本の自動車産業がグローバルに競争優位性を高めてきた要因となってきました。しかし今、電動化や自動走行をはじめとする車載技術の高度化が進み、消費者の価値観が大きく変化する中で、競争のステージが変わりつつあります。日本自動車産業のものづくり能力が今後の戦略にいかに発揮されるか。それを読み解くのに必要な、海外展開通史としてまとめられた一冊です。

主な編集内容
第1章 戦前期日本自動車産業の成立と海外展開
第2章 戦後日本自動車産業の再建と輸出の再開
第3章 高度成長期における自動車産業の発展と輸出の拡大
第4章 石油危機による打撃と回復からバブルの頂点まで―国際競争力のより一層の強化とグローバル化への対応期
第5章 バブル崩壊後の競争優位の弱体化と再確立
第6章 リーマンショックによる打撃と回復過程
おわりに 新興国の台頭・「CASE革命」時代における課題と海外展開
型番 nj-20191227
定価 1,980円(本体1,800円、税180円)
販売価格 1,980円(本体1,800円、税180円)
購入数


おすすめ商品


クルマ屋を継いで良かった!

1,650円(本体1,500円、税150円)


工学流DIY読本

4,400円(本体4,000円、税400円)


電子整備のABC

1,650円(本体1,500円、税150円)


徹底図解 丸ごとぜんぶ調色

3,080円(本体2,800円、税280円)


Ranking

Calendar

2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
・受注は年中無休です。 ・発送は日曜祝日は休みです。 ・年次発行書籍など取り寄せ書籍は、土日祝日が入ると発送予定日がその分加算されます。

About the owner

井上勝彦

★当店の書籍は自動車修理関係技術者、自動車保険関係者、自動車管理者向けの専門書です。一般の方でもお求めになれますが、使い方などについてのご質問は、申し訳ありませんが、ご遠慮ください。 ★エコ推進の観点から、発送に際しては、使いまわしのダンボールや封筒を使用している場合がありますので、ご了承ください。 本屋のおやじになるぞ/鈑金塗装新聞1999年05月号

Top